前へ
次へ

離婚裁判の費用を相手に負担させられるのか

離婚裁判で離婚をしたい時に裁判費用が必要になってきます。基本的には訴訟費用と弁護士費用が発生してきますが、裁判を開始するには必ず訴訟費用を負担する必要があり、最初に負担をするのは原告側になります。原告側は離婚をしたい側になる筈ですから、弁護士を雇う可能性も高いです。通常の裁判ですと検察や弁護士が弁論で戦う場面がありますが、離婚裁判の場合は弁護士を必ずしも雇う必要はないので、費用の負担を軽減したい場合は個人的に裁判で戦う事もできます。しかし相手側が弁護士に依頼している状態で個人的に裁判を戦う場合は、高確率で苦しい裁判の展開になってしまいます。法律のプロである弁護士と争えば、矛盾点等をどんどん見抜かれてしまうので、非常に不利です。その為何方かが弁護士に依頼をした段階で両者とも弁護士に依頼する形になるのが通常ですが、裁判で勝った側が負けた側に裁判費用を全て負担させられるのかが、気になるポイントです。基本的に訴訟費用については負けた側に負担させられる可能性がありますが、弁護士費用に関しては勝ち負けに関係なく自己負担になる事が多いので、注意が必要になります。

Page Top